自作動画紹介


これで六月の時の迷宮攻略は終了となります。
まさか六回まで長くなるとは全然思ってませんでした。本当のプロットなら三回続けば長いと思ってたので。

多分一番大きな違いはここであの二人、クラリスとアルトリアが脱落した事。
これは執筆してる間に脱落させた方が物語が綺麗になると判断してそっちに舵を切りました。
正直こうまで綺麗にまとめられるとは思ってもいませんでした。これは嬉しい誤算だったかと。
本来はまあ救いもなくはない、って感じでしたが、これなら救いもあるよ、ですね。

次のシーン、クロノディアとの一戦はまあ見てのとおり。これは当初の予定通りで語る事なし。
戦人と『ビーチェ』の会話シーンですが、これ実は別方向に持っていって行き詰っています。
本当は『ビーチェ』が戦人をどう思っているかで話を膨らましたのですが、あまりにも膨大な量になって尺を圧迫した上に泥沼化して建設的ではなくなったため。
結果、無難に紗音を主軸に話を持っていっています。
しかし戦人にあの行動をとらせるだなんて、正直言うと六月編始まる前まで全然想定してなかった。
これも執筆している間にこうなった方が自然だろうなーという方向に自然になった感じですね。
フェザリーヌの登場は七月編にするか迷いましたが(そっちにした方がベルンが悔しがるので)そっちはそっちで書く事が盛り沢山なのでこちらにしました。
フェザリーヌの設定はこれまたぶっちゃけると六月編始まってから決まってます。
それまで「クロノディアはFF1の羽入だけどベルンは彼女をアウアウと勘違いしてるし、原作アウアウどうするかなー」と頭悩ませていたので、クロノディアの本体=フェザリーヌという発想は我ながら冴えてると思ったほどです。

ここでようやく六月編通して登場してた何者かの正体を判明させています。
暴露すると彼女がプロット黒魔女のラスボスでした。六月編でいち早く登場させたのは登場させたかったから。
と言うより前もって登場させる事で九月末編がプロットよりきれいに纏められると気付いたのもあります。
コンセプトはEp.7のヤス+クレル。紗音がEp.8ベースなので、最終的には決戦となる事でしょう、十月編で。
でも彼女がヤスの初恋担当になったのは六月編執筆中。それまでは『クラリーチェ』同様新規一点でした。
スポンサーサイト

モバマス動画感想


前回のお話、橘さんがここぞとばかりに美味しい所を持っていって(まずいモノを食って)いきまいた。
響鬼&響が出てきたりとかなり賑やかになりましたねー。見ていて華やかで楽しいです。
でも橘さんの豆腐メンタルっぷりはあの叫びを聞くたびに笑ってしまうほどになってしまったww

MUGEN大会感想


オシリスが出ていたので。前回はぼっこぼこにやられてましたが今回は仕事できたもよう。
でも全攻撃がHelperの奪取防止のためにProjectileなせいであまり攻撃は有効じゃないですねー。
かと言って全部オシリスに行動させてヘルメスはガード固定にしたらクソゲーなんてもんじゃないし、
外部AIもあるからまあ自作オシリスはこのぐらいが丁度いいのかなーと。

艦これ動画感想


前回のダンガンロンパ編が思った以上の完成度で結構驚いてます。
今回はクリニック所属の艦むすの過去話、思った以上に駄目っぷりを発揮してくれてます。
欲を言うならスネークが説明して察するんじゃなくて、
ふとしたきっかけで自分から気づいてほしかったかなーと。
最後のシーン、鎮守府がまだ登場人物が少ないので、心当たりがなかったり。

MUGEN大会感想


まずはお疲れ様でした。前回に引き続いて今回も自キャラ使っていただいた事に感謝を。
後半も地道に勝利していたおかげで、先鋒ではイングリッドが最多勝利タイになってました。
うん、やっぱこのイングリッドはADにゲージ振らずに1ゲージES技に振った方が効率良いな。
しかし正直な所あそこが優勝するとは全然思ってませんでした。予想を覆す接戦続きだったかと。
次回作があるならそちらも大いに期待したいです。

MUGENストーリー感想


主コメにもある通り親バカばっかである。
ワラキーは初めからそんなけがありましたけれど、諏訪子達もかww
自改変の神奈子が戦ってますが、やっぱ切り替えしの強スペカが使えないデチューン状態はあまり強くないですね……。
もうストーリーモード再構築する気もないし、7P以後はボス性能(前のGM状態)にしようかしら?

アニメ感想


原作を大きく変えてきたので賛否両論でしょうけれど、自分は良改変と思います。
何故なら主軸をゴウセルと鎧の主(とネタバレ防止で表記)に絞ってキャラを深めており、
同時にギーラ近辺も原作より丁寧に描写しており唐突感がなくなっているからです。
逆にオミットされた坊ちゃん(とネタバレ防ry)もゴウセルには欠かせない話でしたが、
原作読んでると二つの主題があるようでちょっとぶれてた気もしていたので。
コメントから原作者の提案らしいですが、実にいい感じになっていると感想を覚えました。

MUGEN大会感想


紫が出ていたので。
前も書きましたがそもそもMBシステム搭載したのは萃夢想紫が接近戦で弱いからそれをおぎなうため補うため……だったはずですが、確かに効果はあったものの得意にはならずに相変わらず苦手なままなんですよね。
緋想天仕様の裏から技を引っ張ってきたらもっと接近戦特化型に出来るんでしょうが、
バランスを取るなら今のままが一番いいでしょうし、何より表は萃夢想と区切りたい。
そんなわけでゲージ技を使えば逆転も可能だけど普段の立ち回りが危うい、が紫なのです。

艦これ動画感想


夕張日和の番外編になります。
佐世保でも深海勢が混じっていて、本当にこの世界線では戦争が終わっていて平和ですね。
けれどそんな日常を書いたこの作品がとても面白いのです。
しかしまた独特な提督が現れたものだ……。

遊戯王動画感想


誰かと思ったらソードアートとか幻想郷の人かww
相変わらずの蟹だったり社長だったりしますが、養殖蟹が遊星と同じだと初めて知った。
そう言えば幻想郷でもそうと解釈できるのに気づいてしまった。
ソードアート時には抑え気味だったZEXALメンバーもⅣ達が出て、超濃厚な5分で大満足です。
で、次もあるんですか?
プロフィール

シロト

Author:シロト
思いついたことをだらだらとマイペースに綴っていきます。
主にMUGENやリレマスなど趣味について。
なにかあればsalvation_srt4あっとyahoo.co.jpに。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR